読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隠れ引きこもりメンタル弱めのB型主婦が、なんでもないことを書きます。

家族さえいればいい。家にいる時が1番幸せ。誰も構わないで欲しい。そっとしておいて下さい。でも本当は感謝しています。でもほっといてもらって大丈夫です。そんな葛藤の中、一生懸命に生きています。

会陰切開の痛みが1番ダメージだったかもしれない

今思えば…の話。


無事に出産を終えて、ようやく長い長いつわりから解放されたと思いきや。

産後のトラブルもたくさんありますよね。

赤ちゃんの世話だけでも大変なのに
自分の身体も傷んだままだし、次から次に何かしら不調が。゚(゚´Д`゚)゚。


女の人って本当に大変…としか言いようがありません。



1人目を産んだ後に、1番に訪れたトラブルは、
会陰の傷の痛みでした。

切らずに出すのがポリシーなのか、あと一息で産まれるというところで、
「もういきむのやめてね〜」と言われて。

やめてねと言われてやめられるものでもなくて。。笑

結局、ちょっと力が入ってしまい、ピリッと裂けたような感じだったようです。

胎盤などを出してしまったあとに、チクチクと縫われて、「抜歯しなくて良い糸だから、自然になくなるまで待ってね」と。

およそ1時間程度、分娩台の上に放置されたのち、個室へと移動しました。(歩いて)

もう、身体はボロボロ、達成感と変な興奮で精神状態はよくわからない。
とにかくベッドに横たわりました。

もう、なにも出来ない。
と、トドのように横たわる私。

ですが、アドレナリンが出ているためか、ちょうど夜の9時ごろなのに。朝の5時半から陣痛と戦って疲れているはずなのに。
全然眠れなくて
目を使ったらダメと、母親から厳しく言われていたにも関わらず、親しい友人に出産の報告をしました。

一息つくとまた、無力な身体に絶望を感じました。
大袈裟かもしれませんが、出産したあとの身体は、一言でいうと、「大怪我」状態だと感じました。
内臓がひとつ出たんですもん…
骨が開いて、内臓が…

((((;゚Д゚)))))))

もうそれ以上は言わないで下さい‼︎
(すみません自分です)


とにかく、
人間が産まれたわけですから、
平気なわけないですよね。


でも、看護師さんは決して病人扱いはしません。
病人じゃないからです。

トイレも、シャワーも1人で行って下さい。

そんな感じなので、トイレまで10分ぐらいかけて行き、2分ぐらいかけて便座に腰掛けて

用を足すことがこんなにも恐怖に感じたことはないというほど、産後1番最初のトイレは恐ろしかった。


尿意あるけど、出るのか?と思っていましたが、普通に用を足すことができて一安心。
ただ、やはり傷にはしみました(T_T)
恐ろしくしみました…

そして、拭くのも怖くて、結局ふけなかったことを覚えています。


ベッドに横になっているときはいいですが、お客様が来た時や、授乳するときに座る時、傷が当たって痛くて痛くてたまらなくて、

本っ当に苦痛でした。

授乳クッションをうまく敷いてみたり、座る角度を調節してみたりしましたが、ズキズキズキズキと地味に痛くて、でも場所的になかなか人には言えなくて。

産後、会陰の痛みでこんなにも苦労するとは思っていませんでした。

結局、我慢するしかなく、痛みがまったく無くなったのは1カ月以上経った頃だったと思います。

少しずつ少しずつ、楽にはなっていったのですが、ふとしたときにピッとひきつったりして、痛みが走りました。

一度、ペーパーで拭いていた時に、間違って糸を引っ張ってしまい、ぞっとしたことがあります。
ビビりなので一瞬で血の気がひきました。
(思い出すだけで鳥肌です)



ちなみに、2人目のときは、予定日よりも17日はやく産まれたためまだ小さくて、切らずにすみました‼︎

そのおかげで、産んだその夜にはもう立ち上がって入院グッズの荷ほどきをしたりして^_^

会陰の傷が無いだけで、こんなにも違うのか‼︎‼︎と実感しました(`・∀・´)


ということで、会陰は切れないことをオススメ致します!(`・∀・´)

とは言っても、自分の意思でどうこうなることでもないのですが、
産む前に、会陰のマッサージなどして、伸びやすくしたりするといいですよね!(^ν^)

つわりの時の食べたいものランキング

ふと思い出したので、
記録しとこうと思い立ちました^_^



1位 ラーメン
2位 フライドポテト
3位 うどん
4位 肉
他、、ハヤシライス(トマトベースの)とか刺身とかわさびとか…


とにかく、ラーメンが食べたかったです。
普段、カップラーメンは食べないのですが、
無性に食べたかったのが、カップヌードルのシーフード‼︎
食べたくて食べたくて、気持ち悪くて、食べないと気持ち悪くて死ぬ‼︎という思いで

お昼休み時間に、コンビニへ行き(誰かに見られたくないため職場からちょっと離れた場所)
お湯をこそこそと入れ

見られないようにまたレジ袋に入れて
助手席に大事に大事に乗せて

職場からもっと離れた道路脇に停車し
汁がだだ漏れなのも気にせず
口の中を火傷しながら食べました笑

不思議と、本当は猫舌なのに、
妊娠中はアツアツのものが食べたくて、
熱いまま食べました。

もちろん食べた後は、ものすごい吐き気に襲われますが…食べてる時は
本当に
本当に
幸せ‼︎。・゜・(ノД`)・゜・。


他には、分厚い肉が食べたくて…
食べたいというか、
食いたい‼︎
分厚い肉が食いたい。
肉食いたい‼︎
まさにそんな感じでした。
赤身の、噛めば噛むほど肉の味がするような^^;

生ものは基本控えてましたが、ローストビーフとか
こっそり食べたこともあります。

あとは、苦手だったわさびがなんだか美味しくなって、
そこまで好きじゃなかった刺身も
なんだかものすごく美味しそうに見えて
わさびを大量につけて食べてました(*^^*)

妊娠中って不思議ですね!

自分の身体じゃなくなるあの感覚は、
妊娠中しか分からない
不思議な現象です。。

はやくつわりの原因解明されないかなぁ〜と
切実に思いました^^;

mosh!届きました!!!!想像以上に・・・

可愛くてテンション上がりました!^^♪


思っていたよりも小ぶりで、これでお腹一杯なるかなぁ・・・と少々不安になりましたが、
とにかく可愛くて、バシバシ写メを撮りまくりました。

f:id:kmrkarthappy:20170117230547j:plain

Amazonでぽちっとして次の次の日に届きました!
箱も可愛い~♡

f:id:kmrkarthappy:20170117230742j:plain

左がフードジャーで、右がステンレスの水筒。
箱の一部に牛乳瓶の形に穴が開いていて、
中の水稲の色と質感があらわになっている感じがまた
可愛い~♡

すぐに開けました!!^^


f:id:kmrkarthappy:20170117231007j:plain

f:id:kmrkarthappy:20170117231036j:plain



私の大好きなホワイト!
シンプルだけど、つるんとしたフォルムがオシャレで最高^^

ずっと飾っていたいくらい気に入りました♪


そして、翌日の仕事からさっそく持っていくことにしました!
初めて入れたのは、
フードジャーには白菜のスープ
ステンレスポットにはブラックコーヒー

レビューでは、いっぱいいっぱい入れると重くて持ち運びが大変とありましたが、
いままで使っていた一般的なワンタッチタイプの水筒よりも軽く感じました。
実際計ってはいませんが、つまりは全然気にならない、むしろ少し
軽く感じたほどです^^



持っているだけで気分が上がるってやっぱりいいですねー^^


私は、結構いつも自分のものは安いものでいいやと思ってしまうタイプで
悩んで探して、最後には一番コスパの良いものを購入しがちです。

ですが、そういうものって、結局使わなくなったり、
大事に使わないからすぐに壊れたりしてしまって。


それじゃだめだと思い始めたのは、本当に最近。
質より量、見た目よりもコスパ、みたいな考え方が、
結局は総合的に見て損をしている気がしてきたのです・・


というのは、うちの主人は、私と全く逆で、
物を買うときに考えるのは、
「本当に欲しいものなのか」
「本当に質の良いものなのか」

多少高くても、本当に良いものであれば買います。
安い!と私であれば飛びつくであろう
無名のメーカーの電化製品なんて絶対に買いません。

「新しい洋服欲しいな~」とよく言っておりますが、
実際にお店に行って探してみても、本当に自分が欲しいと思う
物がなければ絶対に買いません。

私だったら、セール品があったら、いつか着れるかもと
買います!!絶対に。

そして結局タンスの肥やしに・・・




そんな主人を見ていると、
自分がなんだか燃費の悪いダメ人間に思えてきてしまい
辛くなってきます。笑

ですが、最近、少しずつですが
買い物をするときには、
買った後のことをじっくりと考えるようになりました。

その物を買うことで、生活がどうなるのか。
そう考えてみると、「あ、やっぱりいらない」となることが多いです。


今回も、一度、楽天ランキング上位の、無難でコスパがよさそうな
品物に決めようとしていましたが、

仕事やお出かけに持っていくお弁当や水筒は、
お弁当を買ったり、自動販売機でお茶を買ったりする必要をなくして
食費を節約するためだけのものなのか??
と考えました。

そして、このmosh!を見つけたときには、それを自分が実際に使っている
ことを想像してみました。
どんな場面で、どんな風に・・・・ニヤニヤ
という経緯で、思い切って、mosh!を購入することにしたのです!!^^

(経緯が長すぎてすみません)


食器乾燥機が使えないという点は少し不便かなあとも
思いましたが、実際に洗ってみると
食器乾燥機に無造作に放り込むのはむしろ嫌だ!!
と思うくらい、たいせつにしています。笑

ひとパーツずつ丁寧に洗って、水切りをする・・・
そのたたずまいもまた可愛くて。笑


ほんとうに、買ってよかった~♪

いま、私も中であついこのmosh!ネタ。

使用感をまた後日アップいたします!


見つけた可愛いフードジャー

最近寒くて、お昼ご飯どうしようかなと考えた時に、お昼はあったかいスープが飲みたいなぁと思うようになりました。
旦那さん用の保温機能ついたお弁当箱はありますが、自分用が無くて、買おうか買わまいかずーーっと悩んでいました。

ネットで何時間も探しても、やっぱり買うのもったいないなーと思って結局買わずじまい。
ですが、最近、あまりにもお昼に暖かいものが食べたくて、職場の近くのスーパーに行っては好きなものを衝動買いしてしまう日々でして

逆に散財している‼︎と気づいたわけです(>人<;)
なので、思い切って購入することにし、また検索しまくりました。

基本的に、白が好きなので、白のシンプルなデザインがいいなーという感じで探しましたが、意外とイメージのものが無く…

メルカリで、売り上げ金があるからと、試しに探してみましたが、よくわからないメーカーばかりで、可愛くても性能に不安があったり。

やっぱり無いなと心が折れそうになっていた時、アマゾンでふと目に入ってきたフードポット。

mosh!


という、牛乳瓶をイメージしているらしい、シンプルかつおしゃれなフードポット!


可愛くて、一瞬で買うのを決めました‼︎
色はもちろんホワイト★
ですが、他の色も捨てがたい…
いいこと思いついた!と、
主人に「お揃いのフードポット買おうよ^ ^」
と。笑

「なんで?」
と。当たり前ですよね。


お弁当箱のお汁入れよりも、量がいっぱい入っていいと思うよ(`・∀・´)‼︎

保温効果が最近微妙でしょ?やっぱりお昼に暖かいもの食べて欲しいからさ(`・∀・´)‼︎

なんか、可愛くない?(`・∀・´)

もっともらしきことを並べてみたり、もう最後には本音を言ってみたところ、意外とすんなり受け入れてくれました。笑!


結局、同じメーカーの水筒も可愛くて購入しちゃいました!(^ω^)


届くのが楽しみだなぁ〜♪


おたふく大流行。 おたふくに振り回された日々。

おたふく大流行

おたふくの症状って、イメージでは
あのおたふくですよね?

ですが今年、保育園でのおたふく大流行にのった娘は、ぜーんぜん、おたふくになっていませんでした(・・?)

最初は、ボソッと「耳の下が痛い」と呟きました。
私が「絶対おたふくだよ‼︎病院行こう!」と言うと
「なーんてね‼︎ウソウソ‼︎」と言う娘。

それから、その日は元気だし、何も言わなかったので普通に一日過ごしました。

ですが次の日、
「やっぱり、耳の下が痛いかも」耐えられずに言った娘。
「痛いことはしないから、病院行って、みてもらおうね」と説得する私。
「でも、大丈夫。気のせいかも」とまた抵抗する娘。
「ウソはつかないでね。病院で、先生にみてもらうだけだから、ちょっとだけ行こうか」と、軽く、あくまでも軽く、別に大したことない感じを装って言うと、
「わかった。」と折れました。

それから、病院に行ったのは翌日。
待合室で、保育園の同じクラスの子と鉢合わせして、聞くとおんなじ症状。
腫れている場所もだいたい一緒、腫れ具合も一緒。
2人ともおたふくだね〜と、お母さんと話しました。

先に呼ばれた私達は、おたふくなのは分かってるから、とにかく、診断をお願い致しますという気持ちで向かいました。

娘の耳の下あたりを触診してもらい、一応耳の中も見ましょう、と、不思議な機械で耳の中を見てもらい、

医「はい、おたふくじゃありませんね。」

私「ありがとうございま… え⁈」

おたふくじゃないんかい‼︎じゃ、なに‼︎笑

お医者さん曰く、腫れている場所が、おたふくとは違うらしく、ただリンパ腺が腫れてるだけとのことでした。


よりによって、こんな状況でそんな紛らわしいところ腫れる⁇笑

ほんとにずっこけました。
そして、待合室に戻り、クラスの子に、おたふくじゃなかったことを報告すると、じゃあ2人ともおたふくじゃないね‼︎笑 でもなぜ⁇笑 まっいいか‼︎
ということで、分かれました。

おたふくじゃなかったけれど、痛みがひどくなった時のためにと薬が処方されため、薬局へ行き、待っていたところに先ほどのクラスの子が同じように薬をもらいにきました。

「やっぱりおたふくじゃなかったですか?^^あはは」

「おたふくだって(´・ω・`)」

もう、意味が分かりませんでしたが、
先生曰く、腫れている場所がおたふくの場所だったそうです。

なんだか、間違っていますが、羨ましさすら感じました。笑


結局、おたふくじゃなかったので、保育園行けるから仕事休まなくていいから良かったのか‼︎と考え、一件落着しましたが、
やっぱり、保育園の先生達的には、
「いや、絶対おたふくですよね」という感じだったらしく、もう一度別の病院へ連れて行くことにしたのです。

本人は、むしろ元気で、腫れてるのかも分からなくなってきた程。
でも、もう一度だけと思い病院へ。

待合室で、しばらく待った後
診察室に入って、事情を説明すること20秒
「おたふくですよね」
触診もなく、言い放った先生。
なぜか笑っちゃいました。

先生曰く、一口におたふくと言っても、腫れる場所は基本的に六ヶ所あって、その六ヶ所も人それぞれらしく。
昨日、受診した時には、微妙ーなラインだったのかもしれないとのことでした。

六ヶ所が、一個ずつ腫れる子もいて、一個腫れて、腫れが引いて治ったと思いきや、また別の場所が腫れて…と、完全に治りきるまで一カ月かかったりする子もいるそうです。

また、私が最も懸念していた、下の子(1歳5ヶ月)への感染についても聞いてみると、
小さい子は、いつ感染したのか分からないことが多く、つまりその程度の症状だそうです。

3歳ぐらい〜の感染は、ひどくなる可能性が高いそうでひどくなると入院しなければならない程。

下の子は、今のうちに感染してた方がいいのか‼︎とホッとしました。
毎日毎日お姉ちゃんからチュッチュされているのでおそらく感染してると思います。

上の子も、結局すぐに痛みも腫れ?も引いてしまい、元気になりました。



なんとなくおそれていた「おたふく」。
思ったよりも優しく、思ったよりも静かに去って行きました。

多分この一週間ぐらいで、「おたふく」って、50回は言いました。笑

とにかく、子ども達がなにもなくて
良かった〜〜(^^)
ということでした★

妊娠中の足のむくみ方って本当に病的。サプリも飲めずに耐えた10ヶ月。。

妊娠中は浮腫むものだと、世間一般的に言われていますが、そのレベルは実際に自分がなってみないとわからないものです。

 

もともと浮腫む体質のため、一日中座って仕事をした日なんかは、夕方になるころには足首というものなどすっかり存在していませんでした。

 

ですが、妊娠中、その上をいくレベルで恐怖を覚えるぐらいにぱんぱんになった自分の足を毎日毎日、まじまじと見ては具合が悪くなっていました。

 

 

色は真っ白で、足のシワが広がってしまって、不自然なほどつるつる。

歩くたびに、自分の足じゃないような変な感覚。

お風呂でマッサージしてみても、効果なし。

 

妊娠って、ほんとに大変‼︎‼︎

とつくづく思いました。

 

 

身体全体が、妊娠モードになり、ありとあらゆる機能がそれまでと違うことをしだす。

 

自分の身体なのに、自分がしらない反応をしたり。

 

手に負えない、という表現がしっくりきます。

 

妊娠するまでは、

このサプリメントを飲んでいましたが、

 

 

 

妊娠中も飲めます、というようなものではなかったので、妊娠したらすぐに辞めました。

 

 

 

いま探してみると、妊娠中も飲めるサプリメントがあったので、もし次があるのなら試してみたいと思います‼︎

 

浮腫みって、マイナートラブルみたいな捉え方されますが、地味に辛くて悲しいです…

つわりでほとんど仕事に行けなかった日々を振り返る。。。

妊娠検査薬で陽性が出た翌日くらいから、ムカムカが始まりました。

 

待ち望んでいた妊娠。

そうそう!このムカムカ!!きたー(*^^*)

と、喜びも束の間

 

その数日後には、

 なんでだよ…_| ̄|○と思うほどの吐き気とだるさに

仕事を休み始めました。

 

 

普通は、安定期に入るまで間は職場への報告はしない

というのが一般的かもしれませんが、

私はすぐに直属の上司に伝えました。

心拍確認前、母子手帳をもらう前にすぐ!

 

あまりにも具合が悪く、仕事に行けないし

ちょうど出張があり、もし出張先で何かあったら

めんどくさいですし

これからだんだん忙しい時期にさしかかると

きっと業務も増えていく…

と考えて、

先手を取って言いました。

 

もちろん、言うべきかどうかはものすごく悩みました。

ネットで、検索しまくりました。

ほとんどが、言うべきではないと言う意見だったと思います…

でも正直、一番身体も心もきつくて、

一番大事にしないといけないのって

安定期までなんじゃないか?

もし、安定期までに何かあったら、

その時はその時で…

 

いろんな人にペラペラ言うのでなくて

一番迷惑をかけるかもしれない職場の人には

言っておいた方が絶対いいでしょう

 

それに何より、

私は自分の赤ちゃんが一番大事なので、

無理して仕事をすることなく

大切な命を守りたいです。

すみません。

と、開き直りました!

 

具合が悪すぎて、思考がほぼ停止していたり

感情が麻痺していたこともあると思いますが

2人目妊娠までの数年でいろいろあり、

私は自分の人生を大切に生きなければ!

と思ったわけです。

 

もちろん、職場の皆さんにご迷惑かけることは

分かっています。

分からないわけないです!

でも、私は誰のために生きているのか?

と考えた時に、

そこまで無理する必要ってないんじゃないかなと思ったのです。

たとえ評価が下がっても、嫌われても、

私にはそれよりも守らなきゃいけない大切な命があると

思いました。

 

1人目の時は、職場に迷惑をかけるのが申し訳なくて

毎日毎日這ってでも行こうと思って頑張りました。

職場に迷惑をかけないように。

産休を取らせていただくんだから、それ相応の

頑張りがいるだろうから

無理してることも気付かずに頑張りました。

結果、職場で倒れて、

ご迷惑かけてしまいました。

 

 

いつも、その状況を深刻に捉えすぎて

悩みこんで、八方ふさがりになる性格の私ですが

このときは、

 結局、どうやっても迷惑をかけるときはかけてしまうし、

自分が思っているほど、周りは自分のことを必要としてなかったり

気にしてなかったりするということ

要は、本当に周りへ負担の自覚やの感謝の気持ちがあれば

いいのかな!

と割り切り、

とにかく毎日、「すみません」ではなくて「ありがとうございます」

と、思っていました。

本音の本音は、すみません、でしたが。

職場の人にも、ありがとうございますと、

何度も何度も伝えました。

 

特に、私は本当に上司と同僚に恵まれていたので、

嫌な顔する人も、きついことを言う人も

いませんでした。

とにかく大事にしてくださいました。

 

 

有難い。

ただただ、感謝でした。

 

産休前の最後の出勤日、

皆さんに挨拶をして回りましたが、

退職するわけでもないのに

号泣してしまいました。

 

やっと休める… という気持ちや

ほんとに今まで辛かった…という気持ち。

一番は、ここまで大切にしてくださった職場への

感謝の気持ちでした。

 

先に書いたように、

赤ちゃんが大事だからと開き直っていたつもりでしたが

内心は、本当は、やっぱりものすごく

ものすごく申し訳なくて

仕事がちゃんとできないことが情けなくて

本当はもっと頑張りたかったし

無理しても良かった

そんな気持ちがありました。

 

仕事と家庭。

職場の人と赤ちゃん。

どちらを取るのかと言われたら即答しますが、

やっぱり社会の一員として、

そんなに簡単に割り切れるものではないと

思います。

 

ですが、自分の折り合いのつくところで、

しっかりと、

どうすべきか、

2人目妊娠中は、1人目の時よりも

分かった気がします。