読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隠れ引きこもりメンタル弱めのB型主婦が、なんでもないことを書きます。

家族さえいればいい。家にいる時が1番幸せ。誰も構わないで欲しい。そっとしておいて下さい。でも本当は感謝しています。でもほっといてもらって大丈夫です。そんな葛藤の中、一生懸命に生きています。

夜型人間にも出来る早起きのコツを発見した人いませんでしょうか?

誰か早起きのコツを教えてください。

約2ヶ月前、いかに自分の時間を確保するかということを真剣に考えた時に、「早起き」だという答えが出ました。

それから、一気に早起き関連の本を5冊ほど購入して読み漁りました。

朝活をオススメする本や、医学に基づいた睡眠法。4時起きが良かったり5時間半睡眠が良かったり。それぞれの意見の中で、自分に都合の良い部分だけかいつまんで実行することにしました。
そして、それから約1ヶ月は、5時には起きるようになれました!\(^^)/


それまでは、頑張っっても6時半ぐらい。
時には7時に目覚めていました。
7時40分には家を出なきゃ仕事に間に合わないのにですよ。
恥ずかしくて、誰にも言ったことありません!

それが、5時起きだなんて。
自分、素敵‼︎と思いました^ ^

5時代に起きたことなんて、生まれて今までに2回ぐらいしかないレベルです。
5時に起きるのは、おじいちゃんおばあちゃんだけだと思っていました。
5時はまだ夜だと思っていました。
5時に起きる選択肢なんて、ありませんでした。


5時に起きると、朝ごはん、お弁当作り、洗濯物、アイロン、ひととおりの仕事を済ませてもまだ、6時過ぎなんです。
ゆっくりテレビを見ながら、白湯を飲み、ヤフーニュースを読んだり。
ゆっくり鏡に向き合って、化粧もできるし。
アイラインもゆっくりと綺麗にひけるし、アイシャドウもグラデーションにできるし。
マニキュアでも塗り直してみようかなとか思ったり。

時間に余裕があると、心にも余裕ができるんだな〜♪
と身を以て実感したのです!



でも、そんな生活は続かなかったのです。
いつの間にかまた、7時前にギリギリに起きることに…


実は私、本っ当に朝が弱いのです。
小さい頃から、夜はいつまででも起きてられる子でした。だから朝は全然ダメで、目覚めて起き上がるまでに30分は必要。眠すぎて吐き気もするし、本当に毎日苦痛でした。


結婚してからは、朝から家族の朝ごはんやお弁当を作らないといけないため、6時半には起きられるようになったのですが、気を抜いたらすぐに寝坊。


明日こそは!と意気込んでも、次の日の朝になると、
「まだ起きる必要無いから寝よう」と思ったり、それすら思わずに即二度寝することもしばしば。

完全に、ただ意思が弱い人間です。

結果、バタバタして、何か忘れ物したり、化粧が不完全で1日凹んでいたり、お弁当を作れずにお店で買って食べたりして

精神的にも経済的にも、良くなさすぎる‼︎‼︎


と、猛反省しているのですが…
やっぱり次の日になると、
「まだ寝れる」と思うのですよね。


ぱっと目覚められる良い方法は無いかな…と、ひたすら模索中です。


でも分かっています、頑張るしかないのです。

朝起きた時の充実感、達成感、自己肯定感を思い出せ自分〜〜‼︎


よしっまた明日から頑張ります!!